プリコネ、キャラ愛を大いに語る

スポンサーリンク

わたしく、どちらかと言うと、
絵なんかどうでも良いっすわ~性能以外に興味ないっすね~
みたいな事を言っちゃうタイプなんですけども、
プリコネやってて、それは無理があるので、
一回ぐらい推しキャラを語ろうと思う。

もちろん、どっかのクソゲーに対する当てつけですよ(`・ω・´)
語尾にティラを付けて、キャラ立てした気になってるアレに比べると、
プリコネは事あるごとに、ちゃんとしてんな、って感心することが多わけですよ。
これによってサイゲに対する偏見がほとんど無くなりましたね( ´∀`)b

わたくしストーリーをちゃんと読んでませんので
キャラのことを深く理解しているってことは全く無いのですが
なんとなくルックで分かる良さってあるじゃないですか
あらいいですね!って「ツカミはOK」の部分。
つまりインパクトの部分。
そこを中心に褒めていきたいと思います(`・ω・´)

まずはメインヒロインのペコリーヌ。
最初はピンと来なかったのですが、だんだん良さが分かってきました。
ペコリーヌに限らず、プリコネのキャラクターは、
最低3つくらいの要素を背負って設計されてます。
ペコリーヌだと、
・大食い
・王女(多分)
・バカ
・聖女ですかね。
これがわたくし的にはピンと来なかったわけです。
心が、善か悪に振り切れてると、
人間とは思えないというか、なんか置物みたいになっちゃうよねって。

と、思っていたのですが
キャルが居るとペコリーヌが引き立つわけです。
キャルはペコリーヌのダークサイドを担当してます。
・陰キャラ
・イキリ
・貧乏
・育ちが悪い
・家の風呂がバランス釜(多分)

ペコリーヌとキャルのどっちに親しみを覚えるかと言えば
そりゃもちろんキャルですよね。
うん、キャルは良い。

コッコロはなんとも思わない。
全然よさが分からない。
しかし、戦闘シーンで、脳内忍者みたいにシュバババって動くのがすげぇ良い。
あれ最高。

リマは運営の悪意が生み出したモンスター。
鏡に写った美少女が進化後の姿なのか、単なる妄想なのか、
設定上のことはまだ分からない。
分からないが、この容姿なのに、とにかく心は美しい。
これって、ほとんどフランケンシュタインと同じですよね。

頼んでないのにどうして造ったんだ!と造物主を恨んでみても、
よく考えたらそれはすべての人間が同じ。
誰も頼んで親に作られたわけではない。
リマは人間そのものを描いている。
ゆえにユーザーをイラつかせるのである(´・ω・`)

CV川澄綾子で騎士キャラのジュンは、
どうしてもアレを連想する。これはもう仕方ない。
星6進化で仮面を脱ぐのか脱がないのか
そこだけに注目している。

プリコネの世界は電脳世界なのか仮想世界なのか知らないが
それぞれの女の子に、
前世での姿、普通の和名を持っていたりします。
ユイは草野優衣と言うそうです。

わたくしはこの手のブリブリの魔法少女がキャラが好きではないのですが
前作のヒロインであるユイは、何かをヤラかしたらしく、
ユーザーに草野呼ばわりで、呼び捨てにされています。
戦犯草野と呼ばれることもあるそうです。
わたしは、その事を知った瞬間に、ユイが大好きになりましたね。
通り一遍のつまらないテンプレ魔法少女だと思っていたのに
ギャップ萌えを喰らいました(^q^)

単純に絵の好みで選ぶとアンちゃんですね。
ちょっとキャラデザが古い気がするのが良いです。
しかもこいつ何がすごいって
プリコネのオリジナルキャラじゃ無いからね!
どっかのゲームからコラボでやってきたらしい。
異世界転生を2回してるやんけ!!っていう、ややこしさが良い(ヽ´ω`)

カオリは琉球空手の使い手。

木村「うーん。Aちゃんさあ。琉球ナックルアローじゃ余りに平凡じゃない?」
っていう会議があったのか無かったのか知らないが
琉球「犬」ナックルアローになっている。
犬要素いるかね?と思ったのだが、
キャラデザも肉球のついた手袋をしているので仕方ない。
足し算の魅力ですね。

このカオリの設定は非常に難しい。
今時、中国娘の語尾にアルを付けるのは、少しはばかられると思う。
あまりにもステレオタイプが過ぎるからだ。
わたしも関西人ですので「でんがな、まんがな」調の訛りに対しては
うん?と思わないこともない。
それぐらいカオリの琉球訛りにはエゲつないもんがあるのさ~

ニノンも、なんとかデース口調がちょっと気になる。
日本びいきの外国人はこうでないといけない、っていう決まりは無いので、
もうちょっとぶっ壊してくれた方が楽しかったかも知れない。
明らかにそれ間違った理解だけど、むしろ良い!くらいまで突き抜けてくれると
一周回って好きになりそう。伸びしろですね。

長くなってきたので最後はマヒルで切り上げる。
マヒルはプリコネ中では年齢的に意外とお姉さん。

・アイドルグループの年長組の悲哀がある
・まんま牧場キャラ
・なぜかお笑い芸人を目指している
・ゲーム内で弱い
・えみつん
銀河を救ったルーク・スカイウォーカーだって
最初は田舎の農園で叔父さんの手伝いをしてたわけで
これは・・可能性のかたまりやぞ・・( ゚д゚)

と、いうわけで
わたくしの推しキャラの紹介を終わります。
繰り返しになりますが、わたくしはストーリーをちゃんと読んでませんので
イメージとしてのキャラの理解ですね。
わたしにはそう見えているっていう、あくまで脳内世界の話です。
なんか逃げの注釈を入れてるみたいになってますけども、
そうではなくて、ですね、
わたしが言いたいのは、ストーリーなんて、あったって、無くたって、
ユーザーには最初から、これぐらいの絵は見えているんだぞ!
ってことがいいたいのです。

プリコネみたいにちゃんとしてるなら良いんですけど、
世の中にはユーザーの想像を下回る、
半端でチンケな世界観を後から出してくるゲームがあるんです。
わたしが遊んでたのは保育園の砂場だったのかぁ~!!って困惑してます。

コメント

  1. アバター より:

     流石常人とは目の付け所が違っていてクールです
    というかパズドラは今こんなことになってるんだと、今見てきて笑えました
     なまじストーリーを見ていて各キャラに対するイメージがある程度固定化されている私のような人間にはない発想で。
     でも確かに私も最初はペコリーヌの心根の澄みすぎているが故の不気味さが苦手だったなぁ~とか、プリコネのプレイし初めの頃を思い出しました
     アンのちょっと古い絵やユイのギャップのよさは共感できるのですけれど、流石に最後のマヒルの各箇条には頭を抱えざるを得ませんでしたw確かに可能性の獣であることは認めねばならないところなのでしょうが(^q^)

    • アバターペンギン牧場 より:

      (ヽ´ω`)「グレアがワギャンランド送りにされてない・・」
      (ヽ´ω`)「インド象とアフリカ象の違いなのだろうか・・」