パズドラ玉音放送2019年11月

スポンサーリンク


最近はオワドラをイジろうかイジるまいか悩ましいところがありまして、
単に自分が飽きただけの話なのに、
適当に理由を付けて運営を叩いて憂さ晴らししてるだけなのでは?という疑問が常にあります。
パズドラよりまともな運営のモンストにしたって、
モンスト比ではどんどん盛り下がっているわけです。
駄目な状態になったら何やっても駄目ってことはあると思うので
わざわざ言っても仕方ない、という気持ちもあります。

別にわたしもオワドラを呪って生きてるわけでもないので
オワドラのことは忘れて楽しく暮せばええのではないかと当然思うわけです。
それでもオワドラをディスる時もあるのですが
世間の空気と違うことを書いて軽く炎上してしまわないかと恐る恐るやっています。
しかし「禿同」や「それな」的なコメントで賛同してもらえる事の方が多いので
そのたびににホッと胸をなでおろしています。

かといって調子に乗ってオワドラ叩きを加速させると
アンチの巣窟になったりカルト化して危ない集団になったりするのも怖いので
コメント欄のお返事も慎重になってしまいます。
というわけでわたしのオワドラ叩きはいつもフワフワしとるんですね。
まぁ今月もやるんですけど(´・ω・`)

パズドラ公式放送~最新情報 2019年11月~

今月のオワドラ放送を観て感じたことは、
「自分のことを天才プロデューサーと思い込んでる精神異常者」だなってことです。
字面だけを見ると、いくらなんでも言い過ぎなんですけど
あくまでこれはネット用語としての言い回しです。
野原ひろし外伝漫画てきなやつです。

なんでそんな事を感じたのかと言いますと
今やってる検定クエストってあるじゃないですか?
あれって、いつぞやの白蛇ダンジョンと全く同じで、看板を掛けかえただけですよね。
古くは、パズドラフィーバーのゲーム性も、パズドラWから持ってきてますよね。
今月の公式放送で発表された7枠目8枠目の潜在覚醒も、
アイテム混ぜると潜在枠が増える仕様で、昔あったやつですよね。

わたしは不可解に思うんです。
なんで一度失敗した要素なのに、
たいしたブラッシュアップもせずにそのまま復活させるのでしょうか?
時間が経ったら再評価がされる理屈でもあるのでしょうか。
わたしには全くわかりません。
どれだけ時間が経とうがパズドラWはクソゲーだし、検定も面白くありません。
潜在拡張も煩雑に思えます。
そもそも超転生をサボりまくっていて
今さら強化とか言われても、どの口がそれを言うのかという憤りもあります。

スポンサーリンク

なんでこんなことになるんだろう?と考えた時に
理由としては、
やっぱり、失敗の原因をどこに求めるか?ってことなんだと思います。
パズドラ運営は数々の失敗を総括できてないんだと思います。
おそらくなんですが、
「たまたま時期が悪かった」
「伝え方の問題」
「ユーザーには早すぎた」
このように運営は分析していると思われます。
まさか自分たちが悪かったと考えていないから、
ほとぼりが冷めた頃に、また同じ過ちを繰り返すのではないのでしょうか。

ひょっとすると大局的にみれば
パズドラには再浮上の可能性なんてなく、
数年前から夜逃げの準備に入っていて、
サ終をどうやって軟着陸させるか?
それまでにどうやって利益を最大化するか?
そのためにはいちいちテコ入れに金なんて掛けていられない!
っていう冷静な企業判断も確実にあるとは思います。

ただそういう事とは別にして
運営のセンスが枯れて時代に合わなくなっていると感じるわけです。
たとえとして適切かは分かりませんが
キュウリの漬物が生野菜に戻ることは絶対にないですよね。
それでも漬物なら漬物なりにおいしいさを追求するやり方もあると思うんです。
念の為に釘を刺しておきますが、
そのうち「ガチャ限を重ねる限界突破」を考えてませんかね?

スポンサーリンク

話を公式放送に戻します。
他に発表された大きな要素では
ストーリーモードの第2弾がありました。
第1弾が好評だったのかは知りませんが、
「石を貰えるから、たまドラを貰えるから、
無課金キャラの配布があるから、新規も喜ぶ!」
みたいな理屈では、ストーリー関係ねぇじゃん!!
って素でツッコミたくなるわけですが、
ストーリーモードの一番の問題点は、
他のアップデートが完全に停滞してしまうことだと思うんですね。

ご存知の通りパズドラは工事現場に置いてある作業小屋で
5人くらいの少数精鋭で開発されてます(?)
新しいことをやろうとすると、途端に他のことが何もできなくなります。
ストーリーモードの開発中と思われる時期には
おそろしいほどの虚無ドラ、ガチャラッシュが続いてました。
これが本当に最悪なんですね。

もちろん、あのストーリーを楽しめた人だって居ても良いんです。
なんだったら、そこまで酷くなかったな、言い過ぎたな、と私も思い始めてます。
しかしそんな人にしたって、
運営が3ヶ月も掛けて作った新モードを
たった一日で終えて報酬を貰っておしまいですよね。
これをゲーム業界では「どん判、金ドブ」って言うのではないのですか?
そんなにCAPCOMとコラボしたいなのなら
稲シップにも話を聞いてこいよって思うわけです。

スポンサーリンク

というわけで今月のオワドラ放送の感想としては、
わたしもアンチとして大きな一歩を踏み出そうと思います。
今まで何度も口にしようとして思いとどまって来たことを言います。
【もうプロデューサーを交代させて欲しい】
パズドラというのはプロデューサーの私物では無いので
センスが時代に合わなくなってきたので代わって欲しい。
(モンストも変わりました)

生放送での不規則発言や、Twitterでの誤字脱字を、
完璧に直すことは難しいのは分かります。
それは仕方なのないことです。そういう個性の人は居ます。
でも、だからこそ裏方に回って欲しいんです。
だいたいプロデューサーがいちいち出張ってくるゲームの方が珍しいじゃないですか
わたしがそんなに意地悪なことをを言ってるとも思いません。

ガンホー社内政治ついては知る由もありませんが、
完全に干されたら居なくなっているだろうし
たまに公式放送が復活したらまだ居るわけです。
つまりある程度、任されている(突き放されてる)ように推察するわけです。
この出たがりな性格と、生放送NGの状況が合わさると、
自分が出演できないくらいなら、放送自体やめたらぁ!!っていう
アクロバティックな結論になってしまうようです。
それぐらいパズドラ運営の宣伝は他のソシャゲと比較して
異様ですよね。

この先、パズドラに復活の可能性なんて無いのかも知れません。
平家だって壇ノ浦で滅亡したと歴史年表に一行書かれるだけです。
数年後に平家が復活したとも聞きません。
パズドラも終わったとゲーム史に一行書かれることになると思います。
でもその前に普通のソシャゲ運営くらいには戻って欲しいと切に願います。

コメント